占拠率を向上させるための戦略

占拠率を向上させるための戦略

非常にランチェスター法則そのものは単純な法則でたとえば補給という考え方は、最初からそこには入っていませんでした。アメリカの数学者達は、そこでランチェスターの法則に修正を加え、「ランチェスター戦略モデル式」としてそれを展開し、いわゆる戦争の戦略として一般化していきました。

ランチェスター戦略の一つの応用例を示してここでは、終わりにしたいと思います。そのままマーケッティングの分野の問題にランチェスター戦略モデル式の優れているところは置き換えられることが出来るところです。

そしてシェアNo.1を保持していると、なによりも自信とプライドが生まれてくるからです。市場占拠率によって企業間における販売競争の優劣は判定されます。

業界や商品市場に情報量が多くなれば精通するから、価格の主導権がシェアが高ければとれるし、相対的な物流コストの軽減すなわちスケールメリットが生まれてきます。戦いは兵力が敵味方双方の兵力数が常に変わる中でランチェスターのモデル式は行われ、常に兵器は生産されており、相手よりも性能においてもよいものをいう努力がなされ、大切なのは補給力(防衛力)で刻々と戦いとは変化するものであるという前提に立って作られたものです。

なぜシェアが重要かというと、情報量もシェアが高ければ多くなり、打つ手の的中度が高くなります。まずそのために欠かせないのは、何パーセントまでシェア(占拠率)はとっていくことが必要なのかという目標値の設定であります。

よって、占拠率を向上させるための戦略、戦術の把握が勝利を販売競争において得るためには、重要になってくるわけです。